〈出羽の里びと〉飛塚英寿写真集 JCIIフォトサロン(送料込)

1927年山形県山辺町生まれの写真家・飛塚英寿の写真集。昭和40年代50年代の山形に暮らす人びとの姿を捉えた写真80点を収録したもの。砂埃の舞う道路、船に乗って通学する子供達、畑作業に精を出す人たち。。。ほんのちょっと前の、でもずいぶんむかしの、東北のあたりまえのような風景が記録として残されている。「集団就職や出稼ぎが盛んになって、最上地方から大勢の人びとが都会に吸い込まれた。母なる川と県民に親しまれている最上川、この時代、集落を結ぶ橋もなく、救命具をつけた自動タッチが渡し船通学をしていたのである。列島改造論の陰に、山間の里びとは、住み馴れた故里を去って街に出た。離村という時代の波が押し寄せて、幾つかの村が消えた。(中略)私は何人の里びとにお逢いしたことだろう。里びとの温かい心に触れ、力強く生きる姿に励まされながらの撮影であった。」懐かしい、懐かしい、昭和の記録。おすすめです。
  • 1,650円(税122円)