山形ビエンナーレ2014 『山形をいく REDISCOVER YAMAGATA』(送料込)

『山形をいく Rediscover Yamagata』と題されたこの本は、2014年に始めて開催された「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」のプログラムのなかでつくられていったもの。より正確にいえば、市民参加型アートイベントである山形ビエンナーレの参加作品のひとつとして準備されたものであり、市民とクリエイターによるコラボ作品です。全国から集まってくるであろうアート好きな人たちに、山形をより深く知っていただきたい。せっかく山形ビエンナーレのために山形に足を運んでくれたのなら、もう一歩さらに奥のほうにある「ちょっといい山形」まで足をのばしてもらいたい。山形をもっともっと好きになってもらいたい。そんな想いが込められています。

著者はビエンナーレに参加した市民グループ「みちのおくつくるラボ」のみなさん。イラストは平澤まりこさん。編集は上條佳子さん、装丁はアカオニデザインさん、写真は志鎌康平さん。
愛すべき、山形の、新しいガイドブックです。

『山形をいく REDISCOVER YAMAGATA』
著者 みのおくつくるラボ+平澤まりこ
編集 上條佳子
装丁 小板橋基希、梅木駿祐(akaoni Design)
写真 志鎌康平
発行 東北芸術工科大学 美術館大学センター

※価格は、送料込みの価格となっております。「ゆうメール」にてお届けします。

  • 1,620円(税120円)